ヨーロッパ旅行でのホテルなどの印象


4
画像参照:Moyan Brenn

新婚旅行でフランスのパリとイタリアのローマに宿泊した際のホテルの印象を少し紹介します。まず、フランス、イタリアに限らず、ヨーロッパでは食事の時のミネラルウォーターに料金がかかると言うことに驚きました。またヨーロッパの水は硬水なので、日本人には慣れない感じです。宿泊先のホテルでも、近くのスーパーで水や食品など日本人向けのものを買いに行った記憶があります。接客については自分の宿泊したホテルしかわかりませんが、パリよりローマのホテルの方が親切な感じがしました。特にパリは片言の英語は受け付けない感じでフランス語で話してくれという感じで対応されました。同一ツアーの割にはローマとパリでホテルに差があった気がします。ローマの方がホテルの施設自体も立派な感じで設備が整っていました。この辺は、当時の物価の違いなども影響して旅行会社が決めたのかもしれません。

パリのホテルはオペラ座周辺にホテルを予約すると便利かもしれません。
オペラ座は09区というパリ中心地に位置しており、パリ観光の拠点に最適なホテルです。

ローマのホテルのおススメはバスタブ付きの「ノルド ヌオーバ」でしょうか。
駅が近く好立地です。初めてのローマ旅行としても利用されるなどで人気のホテルです。

その他、ヨーロッパの交通手段としては日本と同じように地下鉄が便利でした。ただ、時間の正確性はあまりないようでした。自分はテレビで言われるほど地下鉄は怖い印象はありませんでした。