ヨーロッパ旅行でのごはんについて


2
画像参照:Will Bakker

ヨーロッパ旅行でのごはんの楽しみ方は何といってもその国や地域ごとでの料理の違いを味わうことにあります。フランス料理、イタリア料理、地中海料理など食の文化も様々なヨーロッパで、その土地ならではの新鮮な素材を使用した料理を五感で感じることもあげられます。

ドイツでは約5000種類ともいわれるドイツビールと約1500種類とも言われるソーセージを様々な店や土地で食べ比べることも楽しみです。またドイツ料理の特長としてはハーブ等を使い香り豊かな料理であることが特長的。肉料理の代表格シュバイネハクセもボリューミーな見た目も味も感動するごはんとなります。

イギリスではアフタヌーンティーに友人と共にゆっくりと抽出した紅茶とともに焼きたてのスコーンを味わうのも優雅な一時です。
イタリアでは本場の薄いオリーブの実が乗ったピザを赤ワインとともに仲の良い仲間とともに陽気に楽しむのも良いです。
フランスでは一流レストランでフランスのコース料理をじっくりと味わい、非日常を満喫するのも魅力的です。
スペインではコーヒーにコニャックやブランデーを入れて大人の雰囲気の中朝の目覚めを迎えるのも気持ちの良いことです。
その他ギリシャではオリーブとトマトの優しい大地の味を味わい、スイスでは温かく優しいフォンデュを味わい、ノルウェーでは北欧の神話にも出てくる蜂蜜から作るお酒であるミードで太古に思いを馳せるのも味わい深いです。
他にも魅力は尽きないヨーロッパ旅行の際のごはんは、観光客に安らぎと温かさ、思い出と懐かしさ、共に食べる者との絆を深めてくれるごはんといえます。